">
Now Loading...

Loading...

企業該当一覧

Applicable list
企業名順
エリア順
業種順
5件のデータが見つかりました。
企業概要

株式会社東陽

  • 長野県塩尻市広丘郷原1000-5

 高精度な金属加工なら当社へお任せ下さい。
 当社の強みは、熟練した匠のミクロン単位の技術が要求される加工技術です。高精度を実現するために切削工具“ToYo Tool”を開発し、ブランドとして高い評価を受けました。
 まずはご相談下さい。

中信
企業概要

株式会社キザキ

  • 長野県小諸市大字加増字上の平561-2

金属バット、スキ―ポール、トレッキングポール、歩行補助用ステッキ、ウォーキングポール、陸上競技ヤリの設計・開発・製造/スポーツアクセサリーの企画・輸入・販売

東信
企業概要

有限会社野溝製作所

  • 長野県上伊那郡宮田村151番地

南信
企業概要

大永工業株式会社

  • 長野県埴科郡坂城町大字南条6390-1

情報関連機器・測定機器・LCDモニター・医療関連の金属部品の製造及び組立

北信
企業概要

株式会社ミヤタ

  • 長野県上伊那郡宮田村6111-11

弊社は自動車エアバッグのガス発生容器の生産をしております。高強度のパイプ材料を用いて難加工をし、充実した品質保証体制の基、お客様より高評価を受けております。またその他シートベルト用パイプ加工品も製造しております。
外径Φ6~Φ30のパイプ加工を得意としております。
弊社は パイプ材料手配⇒試作実施(金型社内製作)⇒部品評価⇒量産対応といった総合力でお客様のニーズにお応えしております。

南信

株式会社東陽

ものづくり 詳細
メッセージ
 高精度な切削加工技術が要求される一眼レフカメラ用レンズ部品を主力とした金属部品加工を行っています。
 高精度の製品を安定して製造できるよう、打合せ・製造・検査の全工程で社員一人ひとりが情熱と真心を込めて向き合っています。
 技術力を生かした自社ブランドの工具展開のほか医療分野へも進出し、さらなる飛躍のための挑戦を続けています。
事業計画名
平成27年度:安価なCFRP用面取り工具の開発
平成26年度:微細レーザー溶接による内視鏡用小型鉗子の高精度化及び高強度化
平成25年度:「歯科用インプラントの高精度・高能率加工技術の開発」
平成24年度:内視鏡下手術用鉗子等の高速・高能率切削加工技術の開発
主な業務
・面取り用カッター(表面取用、裏面取用) ・PCD工具
・精密アルミ加工(5軸加工)
など
・カスタマイズPCD工具(オリジナル多結晶ダイヤモンド工具の製作)
・5軸加工を用いた医療機器部品の製作
など
・医療用精密機器部品
・自動車部品
・航空機器部品
など精密さが求められる精巧な業界に認められています

株式会社キザキ

ものづくり 詳細
メッセージ
私たちは健康あふれる社会作りのために人間力・技術力を磨き顧客のニーズに合わせた商品を作り続けます。
事業計画名
平成28年度:新規性の高い新製品の開発及び生産性・品質向上のための機械化
平成25年度:リハビリ訓練用の水中ウォーキングポールの試作開発及び設備導入
主な業務
■アルミパイプの加工/スキーポール・トレッキングポール・杖・ウォーキングポール/野球バット・白状の製造販売

有限会社野溝製作所

ものづくり 詳細
メッセージ
事業計画名
平成25年度:自社開発工具を用いた医療機器用超精密部品の工法開発及び設備導入
主な業務

大永工業株式会社

ものづくり 詳細
メッセージ
弊社の経営理念の一つであります『研究心の高揚』を念頭に、お客様から頂いた図面より3Dデータ等を基準に技術提案をさせて頂きながら、最新の加工機を駆使し製造いたします。
板金設計から組立までお任せください。
『一枚の金属板から無限の可能性を創造』します。

※現在メインHPをリニューアル中です。(今春には完成する予定)
事業計画名
平成28年度:AIをフル活用したIoTネットワークとファイバーレーザパンチ自動化システムの構築
平成24年度:セルフ・クリンチング・スペーサー圧入作業時間短縮のための試作開発
主な業務
情報関連機器・測定機器・LCDモニター・医療関連の金属部品の製造及び組立

株式会社ミヤタ

ものづくり 詳細
メッセージ
実績あるパイプ加工技術で、安全を作る仕事を本業とし、品質・性能の維持に重点を置き、顧客が安心して当社製品を採用して頂ける様々なパイプ加工品を提供しております。
パイプ加工に必要な金型・設備の設計製作まで行い、難しい加工にも実績が有ります。
事業計画名
平成25年度:プレス機械加工からスピニング機械加工にすることにより、自動車エアバッグ部品の生産効率化と低コスト化の実現。
平成24年度:塑性加工における工法改良に依る試作開発事業
主な業務
2000年頃より自動車エアバッグのガス発生容器の生産をしてきております。高強度のパイプ材料を用いて難加工をし、充実した品質保証体制の基、お客様より高評価を受けております。
また材料強度評価設備も整っており、社内評価及び評価結果ご報告の体制も整っております。
パイプ材料手配⇒試作実施(金型社内製作)⇒部品評価⇒量産対応(金型・設備社内製作)といった総合力でお客様のニーズにお応えしております。